美容

湯船につかることのメリット、入浴の身体への物理作用とは?

入浴 アヒル 泡風呂

最近では若い世代を中心に、素早くバスタイムを済ませてしまうシャワー派が増えていると言われています。しかし多忙な現代人こそ入浴は必要なものであると言えます。

温かいお湯に入ると身体に作用する3つの物理作用(温熱・水圧・浮力)によりリラックスできます。この記事では入浴によって得られるさまざまな効果について説明していきます。

①温熱作用で精神をコントロール

微温(37〜40℃)の少しぬるめのお湯に浸かることで、副交感神経が働き、精神的にも安らぎリラックスした状態になります。気分が落ち着いて質の良い睡眠に繋がります。
逆に高温(42℃〜44℃)のお湯に浸かると交感神経が働き、緊張または興奮した状態になります。

リラックスしたい時や入眠前にはぬるめのお湯、これからまた頑張るぞという方は熱いお湯に浸かると良いかもしれません。

②水圧作用で血行が良くなる

浴槽中ではお腹周りは3〜6センチ、胸周りは1〜3センチ小さくなります。
理由としては、腹部に受ける圧力によって横隔膜が押し上げられ、肺の容量が少なくなり空気の量が減少します。

減少分を補うために呼吸数が増え、一方で静脈の血液やリンパ液が一気に心臓に戻されるので、心臓の動きが活発になり全身の血行が良くなります。

血行が良くなると疲労回復、代謝改善、肩こり、腰痛の緩和、美肌効果など様々な嬉しい効果が期待できます。

③浮力作用で筋肉をほぐす

お湯に入ると身体は、浮力を受けて軽くなります。
「流体中の物体、その物体が押しのけている流体の重さと同じ大きさで上向きの浮力を受ける」(アルキメデスの定理)

浮力作用によって水中では空気中と比べて約1/9程度の重さになります。
水やお湯の中では身体を支えるため緊張していた筋肉がほぐれ、脳への刺激も軽減されます。また水の抵抗も加わり筋肉増強効果も期待できるそうです。
この原理は色々な障害や病気の治療の応用されています。

【参照:日本浴用剤工業会

スパ用品
マグネシウムフレーク?エプソムソルトとの違いは?毎日のお風呂にフローのマグネシウムフレークはフレーク状に精製された純粋な国産塩化マグネシウム。浴用化粧品の認可を受けたマグネシウム系入浴剤です。マグネシウムは体に欠くことのできないミネラル。赤ちゃんなどデリケートなお肌にはエプソムソルトが良いでしょう。...

にほんブログ村 美容ブログへ にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ にほんブログ村 投資ブログへにほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ